Blog

土木学生だった僕がWebエンジニアを目指した話

土木学生だった僕がWebエンジニアを目指した話

大学3年生のある日、自分が 空っぽ だと気づいた。

その日から、そんな自分を変えようと思って行動を始めました。プログラミング、インターン、読書、就活、色々なことを経験してきて、考え方が大きく変わりました。ここ1年で自分自身大きく成長できたと感じます。

そんな自分のどうでもいい話をまとめて行こうと思います。

目次

〜旧帝大すごいけど、何ができるの?〜

旧帝大に通っている自分はよく「めっちゃ頭いいやん」とか「天才やん、すごい!」などと褒められることがあります。

大学3年生になったある日、普段通り旧帝大生であることを褒められた時、ふとこんな疑問が浮かびました。

旧帝大たしかにすごい! けど、何ができるの?

ふと客観的に自分に問いかけたときに。めっちゃ自惚れてるやん と思いました。

大学に受かったことは確かにすごいけど、凄かったのは高校3年のあの瞬間だけ じゃないか。

外側を褒められてるだけで、別に何かできるわけでもなく、学歴というベールには包まれてるけど中身がない 空っぽ だ。

そんな自分自身に絶望したその日から何か強みをつけようと動き出そうと決めました。

土木系の分野への興味も薄れてきていて、とりあえず始めていみならお金、英語、プログラミングあたりかなと考えました。

そして「モノづくりが好き」「自分で取り組めること」「需要があるものをやりたい」 という三要素を元にプログラミングの学習を始めました。

新たな環境を求め、インターンへ

プログラミングを初めてみたものの、基礎文法などは意外と難しくなかったのですが、実際に何か成果物を作るとなるとかなりハードルが高くなりました

そこで、大きく今の状況を変えてくれることに挑戦しようと思い、チームラボという会社の2weekインターン に参加しました。

そこでは大学院生から高校生まで様々な年齢で、プログラミングでの開発経験を積んでいる人が多くいました。

自分は開発経験がほとんどなかったので、かなり焦りました。

本当に学歴って何も役に立たないなと思いました。(インターンでの間の土日もやばいと思って勉強してました。)

しかし、その中でもたくさんの技術や情報を得ることができ、Web系の自由度や幅の広さを知って、もっと勉強したいと思いました。

実際に、課題だった作品が完成した時にはとても感動しました。

これをきっかけに土木業界から完全にシフトしてIT系の就職を目指すようになりました。

↑ このインターンで初めて開発したインスタもどき

最後に

新しい環境に飛び込んだり、できないことに挑んだり、そういう瞬間に人は成長するんだということを実感してきました。

あの頃に比べると、空っぽだった自分の中にも少しは価値あるものが増えてきた なと思います。

これからまた壁にぶつかることはたくさんあるだろう。そんな時もこの経験を思い出して挑戦し続けていきたい。

最近の投稿