【まとめ】バビロン大富豪の教え

【まとめ】バビロン大富豪の教え

お金と幸せを生み出す黄金法則


今回は『バビロン 大富豪の教え』を読んだので、まとめていきたいと思います。

1926年にアメリカで発行されたジョージ・S・クレイソン氏原作の本で、90年以上経った現在でも多くの人に読み継がれている名著なのです。世界で最も裕福な国家であったバビロンの大富豪についての話を物語形式でわかりやすく説明してくれます。

この本の主な登場人物は、武器職人の息子で貧乏人の バンシル 、バビロン一の大富豪の アルカド の2人です。

目次

お金持ちとはどういう人か

お金持ちとは単にお金を持っている人のことではなく、お金の増やし方を知っている人 のことです。

お金持ちになるには下記の「黄金に愛される七つの道具」と「お金と幸せを生み出す5つの黄金法則を大事にし、実践していく必要があります。

黄金に愛される七つの道具

これらは賢者アルカドが人々に向かってお金を増やすための方法を七つの道具として伝えたものです。

  • 収入の10分の1を貯金せよ

消費や浪費は 他人にお金が流れているだけ です。

正しく投資できれば貯めたお金を奴隷にできます。

投資するためにはお金を用意する必要があるので、まずは収入の10分の1の貯金を続けてみましょう。

  • 欲望に優先順位をつけよ

人の欲望には際限がなく、お金があるほど色々なものが買いたくなります。

収入の9/10でやりくりするために、自分自身の欲望なのか、必要経費なのかを 自分自身で優先順位 をつけましょう。

  • 貯めた金に働かせよ

上記の二つのことを守り、お金に働いてもらいお金を増やすことが大切です。

  • 危険や天敵から金を堅守せよ

簡単な儲け話や怪しい投資話には絶対に裏があります。また、考えも無しに投資することもよくありません。

そういう話が自分にきた時は、自分の感覚で判断せず、専門家に相談 し自分の資産を守りましょう。

  • より良きところに住め

住居はただ住む場所なだけでなく、幸せな生活と深く関わっており、貯金のためのモチベーション維持にも関わってきます。

安いからなどと安易に住む場所を決めず、心を豊かにできる場所 に住みましょう!

  • 今日から未来の生活に備えよ

上記の五つを元に未来について具体的に計画しましょう。

今行動できない人は将来に大きな問題を抱えることになってしまいます。

  • 自分こそを最大の資本にせよ

賢者アルカドは「貧富の差は動いた者とそうでない者の差だ」と言っていました。

つまり、自己投資を行い、自分自身のスキルや市場価値を高めて行動できる人富を得るものになるということです。

お金と幸せを生み出す5つの黄金法則

これらは賢者アルカドがバンシルに与えた「知恵」に入っていた石板に書かれていた内容です。

これを見て、財産を全て失い絶望していたバンシルは再び立ち上がりました。

  • 家族と自分の将来のために、収入10分の1以上を蓄える者の元には黄金は自らを膨らませながら、喜んでやってくるだろう
  • 黄金に稼げる勤め先を見つけてやり、持ち主が群れを膨大に増やす羊飼いのように賢明ならば、黄金は懸命に働くことだろう
  • 黄金の扱いに秀でた者の助言に熱心に耳をかたむける持ち主からは、黄金が離れることはないだろう
  • 自分が理解していない商い、あるいは、黄金の防衛に秀でた者が否定する商いに投資してしまう持ち主からは黄金は離れていくだろう
  • 非現実的な利益を出そうとしたり、謀略家の甘い誘惑の言葉にのったり、己の未熟な経験を盲信したりする者からは黄金は逃げることになるだろう

まとめ

私たちの生活にはお金が欠かせません。お金が無ければできることが制限されることがほとんどです。

人生お金ではないという人もいますが、かなり少数派です。

お金が必要で貯まらずに悩んでいる人がほとんどの人だと思います。実際、自分もその一人です。

この『バビロン 大富豪の教え』を読むことでお金持ちになるためのキッカケとして参考になると思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の投稿