Docker

【Docker入門】(2) Dockerfileによる構築

【Docker入門】(2) Dockerfileによる構築

前回はDockerの基本知識や機能について学びました。前回の記事をまだご覧になられていない場合はこちらから
今回はDockerfileを用いて、サーバー構築をしてみたいと思います。

Dockerfileとは

Dockerではベースとなるイメージに各種ミドルウェアのインストールや設定など、アプリケーションの実行基盤の構成管理をDockerfileに記述します。 どんな書き方をするのかという例として、phpコンテナ構築時に使われるDockerfileを記述しています

FROM php:7.4-fpm

RUN cd /usr/bin && curl -s http://getcomposer.org/installer | php && ln -s /usr/bin/composer.phar /usr/bin/composer
RUN apt-get update \
    && apt-get install -y \
    git \
    zip \
    unzip \
    vim

RUN apt-get update \
    && apt-get install -y libpq-dev \
    && docker-php-ext-install pdo_mysql pdo_pgsql

WORKDIR /var/www/html

Dockerfileに記述する内容

Dockerfileを利用することで、ベースのイメージに加えて、OSの設定やミドルウェアのインストール・パラメータ設定をすることができます。

記述する内容

  • ベースになるDockerイメージ
  • Dockerコンテナ内で行った操作(コマンド)
  • 環境変数などの設定
  • Dockerコンテナ内で動作させておくデーモン実行

コードの書き方とコマンド

    命令   引数 

例)  FROM  イメージ名

Dockerfileでの主な命令文には以下のようなものがあります

 コード   実行内容
From ベースイメージを指定
Run コマンドの実行 
CMD 実行中のコンテナにコマンドを提供 
ENV 環境変数を設定 
COPY ファイルとディレクトリをコンテナにコピー 
ADD ファイルとディレクトリをコンテナにコピー 
WORKDIR 作業ディレクトリを設定 
VOLUME ディレクトリマウントポイントを作成

他にもたくさんあるので各自で調べてください

DockerfileからDockerイメージの作成

Dockerfileからイメージを作成するには、docker buildコマンドを使います。

docker build -t [生成するイメージ名]:[タグ名] [Dockerfileの場所]

まとめ

実際の開発現場ではdockerコマンドよりdocker-composeコマンドを用いた方が環境構築においての効率が良いため、docker-compose を用いたLaravelの環境構築を実際にやってみたいと思います。

DockerComposeでLaravelの開発環境構築をやってみる

関連記事

最近の投稿